Naigai Nitto Co., Ltd. 

   

国際コンテナ輸送の知識 ーコンテナの種類とサイズについて


【ドライ・コンテナ ( DRY CONTAINER ) 】
最も一般的なコンテナーです。長さにより20フィート・コンテナーと40フィート・コンテナーに大別されます。
通常の高さは8フィート6インチ(通称ハチロクバン)ですが、40フィート・コンテナには9フィート6インチの
背高コンテナーがあります。(通称ハイキューブ、クンロクバン)
コンテナの重さ(自重)を含む最大重量は規格上は、20' = 20,320kgs, 40' = 30,480kgs ですが、日本では
道路交通法の規制により、20' = 20,320kgs, 40' = 24,000kgsに制限されます。(特殊シャーシ利用による例外あり)
これにあわせて 20' でも 24,000kgs の最大重量を詰めるコンテナがあります。(通称24トンバン) 

 コンテナタイプ

20’DRY
8’6”High

40’DRY
8’6”High) 

40’HC DRY
9’6”High

要  目

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

内法寸法

長さ(mm)

5,883

5,932

12,024

12,066

12,024

12,062

幅 (mm)

2,335

2,354

2,344

2,354

2,350

2,352

高さ(mm)

2,217

2,416

2,258

2,398

2,690

2,700

扉開口寸法

幅 (mm)

2,320

2,345

2,292

2,350

2,338

2,350

高さ(mm)

2,119

2,308

2,258

2,292

2,581

2,589

内 容 積

(M3)

30.8

33.7

63.8

68.1

76.2

76.4

自   重

(s)

1,680

2,370

2,870

3,810

3,050

4,120

最大積載重量

(s)

17,950

18,640

26,670

27,610

26,360

27,430

注1)数値は標準のものであり、船社や個々のコンテナの製造メーカー・材質によって若干の差異があります。
注2)日本国内のコンテナ自重を含む最大重量:20’コンテナ=24,000kgs、40’コンテナ=30,480kgs
     但し、重量制限は各国異なりますので特に輸出の際には注意が必要です。

20フィートコンテナ

40フィートコンテナ

【特殊コンテナ】

1.リーファーコンテナ  ( Reefer Container / Refrigerated Container )

コンテナーに冷凍機がついており、壁には断熱材が入っていて、一定の温度で貨物を運ぶ事が出来ます。
冷凍機と断熱材の厚みの分、ドライコンテナーより内寸が狭くなっています。
温度調節は大体−25度から+25度程度の範囲で可能です。冷凍・冷蔵貨物や低温で輸送する事が必
要な化学品、医薬品の輸送に使用されます。
リーファーコンテナーには「ベンチレーション」という換気用の小窓があり、生花など密閉すると痛みが生ずる
ものを収納する場合には開ける必要があります。
リーファーコンテナを予約する際には「設定温度」「ベンチレーションのオープンorクローズ」「プレクールの有無」
(事前に冷却するか否か)を指定します。

 コンテナタイプ

20’DRY
(8’6”High)

40’DRY
(8’6”High) 

40’HC DRY
(9’6”High)

要  目

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

MIN.MAX.

内法寸法

長さ(mm)

5,365 5,549 11,460 11,674 11,674

幅 (mm)

2,225 2,286 2,226 2,286 2,286

高さ(mm)

2,077 2,264 2,204 2,235 2,509

扉開口寸法

幅 (mm)

2,225 2,286 2,226 2,336 2,286

高さ(mm)

2,025 2,202 2,121 2,163 2,444

内 容 積

(M3)

25.3 28.6 56.5 58.8 66.9

自   重

(s)

2,520 3,460 4,330 5,612 4,500

最大積載重量

(s)

16,860 21,110 24,868 26,150 25,980


2.オープントップコンテナ ( Open Top Container )
通常のドライコンテナーの屋根部分が開いている構造になっています。
クレーンなどを使ってコンテナ上方からの荷役が可能なので、重量物、長いもの(長尺貨物)、背の高いもの
(嵩高貨物)など、ドアからの荷役が困難な貨物を効率良く積むことができます。
荷物を積んだ後は、屋根部分を専用の防水布でカバーしますので、水濡れに弱い貨物は利用できません。
コンテナの横の壁部分が開閉するサイドオープンコンテナ( Side Open Container )もあります。

 コンテナタイプ

20' Open Top

40' Open Top

要  目

MIN.

MAX.

MIN.

MAX.

内法寸法

長さ(mm)

5,892

5,922

12,021 12,069

幅 (mm)

2,335

2,351

2,334 2,358

高さ(mm)

2,184

2,350

2,230 2,354

扉開口寸法

幅 (mm)

2,320

2,340

2,322 2,344

高さ(mm)

2,147

2,275

2,230 2,292
屋根開口寸法 長さ(mm) 4,876 5,738 11,573 11,841
  幅 (mm) 1,850 2,225 2,080 2,180

内 容 積

(M3)

30.8

33.7

60.8 67.3

自   重

(s)

1,960

2,590

3,670 4,050

最大積載重量

(s)

17,820

21,815

26,430 26,810


3.フラットラックコンテナ (Flat Rack Container)
重量物、長尺物の荷役の為に、天井に加えて左右の壁がないコンテナーです。床と四隅の柱と前後の壁だけで
構成されます。重量物が詰まれることを考慮して、他のタイプのコンテナより床が強化されています。
天井と両側の壁が無いため、コンテナから高さや幅がはみ出す貨物(オーバーハイ、オーバーワイド貨物)を積
むことが可能ですが、本船での積み付け場所が限られ、両側にコンテナが置けないなどの制約が出るため、割
増運賃(ボイド Void)が適用されるので注意が必要です。
さらに、上部の構造物を一切持たない床面だけのフラットベッドコンテナ ( Flat Bed Container ) もあります。

フラットラックコンテナ


        


a_home.gif (3907 バイト)