世界50ヶ国以上に活動拠点がある総合物流会社

輸出入貨物の海上運送、航空運送を柱として、通関、梱包、保管、国内運送 危険物の取扱い、物流管理、システム開発など、その周辺業務を幅広く取り扱っています

社長挨拶Greeting

代表取締役社長
 飯塚利信

新型コロナウイルスの対策について

お客様へ、

新型コロナウイルスの感染が世界中に蔓延しています。

この4月、日本でも感染者の急増を受け、首都圏を中心に“緊急事態宣言”が発令されました。既にメディアで伝えられているように首都圏のみが対象ではなく、その要請についても日本国民及び日本在住の外国人全てに対しての「外出自粛要請」に引き上げられています。

 そうした深刻な状況において、当社はBCPとして「コロナ対策」を追加し、事業継続のために従業員の「時差出勤」から既に実施しました。そして、「輪番制の勤務編成」、「在宅勤務」、「業務部門の分散化」、「緊急連絡網の徹底」などを事業部門単位で導入しています。お客様のご要望によりIT部門を中心にビデオ会議も活用されています。


 4月には「新入社員の入社式変更・研修期間の短縮」を行うなど社内行事にも変更、延期などが頻発しています。担当部門は度重なる変更への対応に苦慮していますが、種々の課題に迅速に、果敢に立ち向かっています。“内外日東・創立70年のDNA”は“へこたれないスピリット”・・・・真に心強い限りです。

 『物流業として最善を尽くして参ります』

 国内物流、輸出入貿易の運輸業務は停止することが出来ません。1月から3月にかけてはお客様の製造工場がほぼ停止されていました。しかし、この4月に入り中国工場から製品の出荷が少しずつ動き出しています。「経済の動脈」と云われる国際物流に従事する企業として、当社はこれからも最善を尽くして参ります。

従業員一同、ウイルス対策をしっかり実行し、適時課題を共有し、出来る限りお客様のご期待に沿った物流サービスを提供させていただきます。

今後ともどうぞご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

内外日東株式会社
代表取締役社長